TOP > 介護事業

介護事業

福祉用具のレンタル・販売、住宅改修や介護ヘルパーを通してご利用者様とそのご家族様、施設スタッフのみなさまに住み慣れた町で快適に過ごすためのお手伝いをします。

介護生活を支える「福祉用具レンタル事業」、「住宅改修事業」

看護師である現代表が介護・福祉・医療用具の在宅患者向け販売を手掛けたのがはじまりでした。平成11年からは福祉用具レンタル事業・訪問介護ステーション「スマイルサポート」と、現在のメイン事業が次々と活動を開始しました。同時期に薬局の展開も始まり、「医療」・「介護」の両輪で地域展開している珍しい会社となりました。
その後、横須賀、横浜、藤沢と県内拠点を拡充し、現在では静岡県、東京都にも進出を果たしました。介護ベッドや車いす、歩行器をはじめとしたレンタル品を広く扱う福祉用具レンタル事業では神奈川県の利用者数NO.1となりました。
平成22年には物流センターが完成しました。レンタル品のメンテナンスも自社で行ってきましたが規模の拡大に伴い本格的なメンテナンスセンターとして再整備を行いました。介護ベッドのマットレスの場合オゾン消毒だけが一般的ですが、物流センターでは丸洗いできる大型洗濯機を導入し、ご利用者様に気持ち良くご利用いただける環境が整備されました。
介護をされる方ができるだけ自分の力で生活できるような配慮と、介護する方の負担を少なくする環境づくりの為に住宅改修も重要です。手すりの取り付けや段差の解消といった、ご利用者様の状態に合わせた施行内容を提案し工事を実施しています。
また福祉用具販売も実施。こちらもすぐ生活の支えになれるように、多数の商品を扱っています。
この仕事に携わるうえで私たちが目指しているのは、ご利用者様の日常生活をいかに向上あるいは維持するか。医療に強い当社は、医療材料や吸引器を始めとした医療機器も取り扱っています。こうした活動を通し、幅広くご利用者様をサポートしたいと願っています。

ページの先頭に戻る

ご自宅で過ごす利用者様を援助する「訪問介護事業」

業界では珍しい24時間365日対応でサービス提供をしています。介護が必要な方の「住み慣れた我が家で暮らしたい」という思いを大切にしたいと考えています。
行うサービスは、オムツ交換や体位変換、入浴援助、家事援助など。ご家族の時間、自分の時間を有意義に過ごしていただけるように、残存機能を活かした生活、介護方法を提案し、ADL,QOLの向上を図っております。
訪問介護でも、目標はご利用者様の症状の現状維持や少しでもよくすること。とくに軽度の方は、日々の努力の積み重ねで自立することも可能です。そのためにも、自分たちにできることを考え、主治医や訪問看護師の方々とも常に情報の提供や交換するなどし、少しでもご利用者様の回復に貢献したいと考えています。
近頃では、地元の厚木市では初の医療と看護のサービス「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」を取得し、活動のフィールドを広げています。

ページの先頭に戻る

今後は「人材育成と店舗展開を強化」

目標は30店舗。福祉用具のレンタル・販売、住宅改修、医療機器の取り扱いといった自社の強みを活かしながら地域密着型のサービスを提供。全国展開することが目標です。
また、ひとりひとりの社員の成長が今後の展開のカギとなるため人材育成に力を入れていきたいと考えています。店舗展開を強化し、私たちのサービスが数多くの地域の方々に貢献出来るよう努力したいと考えています。

ページの先頭に戻る

Copyright(C)2013 Innovation of Medical Service, Inc.